忍者ブログ

ゴルフ上達法:スイングで飛躍的に飛ばせ!

身長166センチで非力な中年アマの私は、最近は2~3ヶ月に1度のラウンドで、練習も殆どせず、筋トレも全くやらずに、若い頃にアジアサーキットで戦う現地プロに習ったフォームで300ヤード飛ばして70台を出しています。 飛距離は力ではなくスウィングによることを、皆さんにお知らせしたくてゴルフ上達ブログを始めました。 永遠に100が切れない方から80の壁を超えられない方々まで、もう少しドライバーの飛距離が出て、アイアンショットが正確になり、パットしたボールが気持ちよく転がればいいと願う方々への一助になれば幸です。特にめがねゴルファーには必見です!

<< | 2017/11 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 | >>

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「腰を切る」と「からだが開く」の違い

よく「インパクトはセットアップの再現」と言いますが、これは間違いで、本当にそのようにやるとひどいチーピンになります。正しくは、「セットアップに比べて、腰が切れている状態」です。
「腰を切る」を簡単に言いますと、ボールを打つ時に●●は・・・・ていますが、▲▲は・・・・・ています。つまり●●が回ってから・・・・モーションということです。この場合、●●が・・・・・ほどヘッドはインサイドアウト軌道になります。従って、バックスイングではヘッドを・・・・に、フェース面が・・・・・クラブを上げるようにします。プロのスイングは、誰もこんなですよね。

これに対して「体が開いた状態」は、●●と▲▲が・・・・・ることです。ボールを打つ瞬間に●●が・・・・・・ています。この場合は、ヘッドはアウトサイドインの軌道になります。自己流のアマチュアはこれを治すために、バックスイングの始動と共にクラブを・・・・・・・しまいます。クラブフェースが開いて上を向いてしまい、キチンと帰ってくる確率はその分だけ下がります。



この二つの根本的な原因は、クラブを・・・・・・ているかの違いです。 ●●で・・・限りは、飛ばそうとするとどうしても体が開きます。「頭を残す」など気をつけるとスイングが窮屈になって却って飛ばないです。 ▲▲で・・・・るようにすると、飛ばすほどに腰が切れて、結果的に頭はきれいに残ります。もうひとつのコツは、トップオブスウィングからダウンスウィングに切り返すときに、・・・・・・・・にあります。●●すると「体が開く」結果になりやすく、▲▲すると腰が切れる結果になります。

 ==== シャドー部分と隠れキーワードをご覧になりたい方は ====
このブログを始めて短期間に爆発的なアクセスを頂きましたので、全体をソフトファイルで配布することにしました。
50テーマを75ページに取りまとめて、¥1,480です。
ご購入はこちら
 ================================



PR
この記事にコメントする







  Vodafone絵文字入力用パレット表示ボタン i-mode絵文字入力用パレット表示ボタン Ezweb絵文字入力用パレット表示ボタン

左★で作ったトップは右のトップより拳ひとつ分浅い
これまで右●にスウィングしていた人が私のアドバイスを受けて▲▲のスウィングに切り替えた際に、トップの位置が浅くて不安になることを共通に訴えられます。これは当然であって、そもそもそのトップの位置があなたのスウィングの「あそび」無しの実力値というわけです。一般的に、★で作ったトップは■のもにに比べて握り拳ひとつ分くらい浅いはずです。それが当たり前なのです。その違和感や不安を紛らわせるためについ●でトップを作ったりしないことです。最も悪いのが、トップ■■■ること。

Tracked on 2007/08/18 Saturday 07:53:57

from ゴルフスウィング「私の分かった!」飛躍的に飛ばそう

この記事へのトラックバック




カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[03/10 熟女]
[03/01 逆援]
[02/28 レンタル彼氏]
[02/28 セフレ]
[02/28 セフレ]
プロフィール
HN:
ウルトラのパパ
性別:
非公開
カウンター

AdminControlMenu: AdminMenu | NewEntry | EditComment | EditTrackback

忍者ブログ [PR]