忍者ブログ

ゴルフ上達法:スイングで飛躍的に飛ばせ!

身長166センチで非力な中年アマの私は、最近は2~3ヶ月に1度のラウンドで、練習も殆どせず、筋トレも全くやらずに、若い頃にアジアサーキットで戦う現地プロに習ったフォームで300ヤード飛ばして70台を出しています。 飛距離は力ではなくスウィングによることを、皆さんにお知らせしたくてゴルフ上達ブログを始めました。 永遠に100が切れない方から80の壁を超えられない方々まで、もう少しドライバーの飛距離が出て、アイアンショットが正確になり、パットしたボールが気持ちよく転がればいいと願う方々への一助になれば幸です。特にめがねゴルファーには必見です!

<< | 2018/05 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 | >>

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「頭を残せ」は間違い! 原因と結果を混同するな

練習場にはいわゆる「教え魔」という人達が居ます。もしも貴方が90を切れなくて苦労していて、その人達から貴方のスウィングへのアドバイスとして「頭を残しなさい」とか「体重移動をしなさい」「手首を返しなさい」もっとひどいのは「右手が左手を追い越すようにしなさい」などと言われたら、その教え魔は似非コーチですから、絶対に信用してはいけない!というのは、それらは全てスウィングの根本を改善できた場合に自ずから付いてくる結果の現象であって、はじめから改善点として取り組むべきポイントではないのだから。

なぜ「頭が残らない」のか、理由の8割以上はテニスのフォアハンドのように▲でボールを打ちに行っているからです。勢いよく飛ばそうとすればするほど頭が左に流れるのは当たり前で、無理に頭を残すとコジンマリしたパワーロスのスイングになります。
残りの1割か2割は、●●●ていないからです。●●る代わりにフラダンスのように体重を右足から左足に移動させて、頭も一緒に流れるからです。
従って、「頭を残しなさい」とか「体重移動をしなさい」ではなくて、「■■■なさい」「トップから>>>>>>なさい」が正しいアドバイスということです。


 ====本文の隠しキーワードをご覧になるには========
このブログを始めて短期間に爆発的なアクセスを頂きましたので、全体をソフトファイルで配布することにしました。
44テーマを70ページに取りまとめて、¥1,480です。
ご購入はこちら
 ================================



PR
この記事にコメントする







  Vodafone絵文字入力用パレット表示ボタン i-mode絵文字入力用パレット表示ボタン Ezweb絵文字入力用パレット表示ボタン

「ヘッドが走る」とは
ヘッドを走らせることが飛距離アップの秘訣ですが、それでは「ヘッドが走っている」とはどんな状態でしょうか。それは、図のようにシャフトがしなって当たっている状態で、この状態のときにヘッドスピードが一番上がっています。スイングスピードとシャフトの硬さをマッチさせることです。柔らかいとヘッドの戻りが遅くてプッシュアウトします。

Tracked on 2007/06/10 Sunday 07:42:25

from ゴルフスウィング「私の分かった!」飛躍的に飛ばそう

トップの切り返しは「●●を▲る」から
何度も書きましたが、飛躍的に飛んで曲がらないタマを打つにはトップの切り返しは、「●●を▲る」ことから始動します。        そのときに大事なのは、■を伸ばしたまま●を★に(▲に向けて)下げることです。 ●の始動と★の始動が同時ですと、フックかチーピンが出ます。▲ってから遅れて自ずから●●れば、切れのいいストレートボールが出るはずです。  ========================== このブログを始めて短期間に爆発的なアクセスを頂きましたので、全体をソフトファイルで...
この記事へのトラックバック




カレンダー
04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[03/10 熟女]
[03/01 逆援]
[02/28 レンタル彼氏]
[02/28 セフレ]
[02/28 セフレ]
プロフィール
HN:
ウルトラのパパ
性別:
非公開
カウンター

AdminControlMenu: AdminMenu | NewEntry | EditComment | EditTrackback

忍者ブログ [PR]