忍者ブログ

ゴルフ上達法:スイングで飛躍的に飛ばせ!

身長166センチで非力な中年アマの私は、最近は2~3ヶ月に1度のラウンドで、練習も殆どせず、筋トレも全くやらずに、若い頃にアジアサーキットで戦う現地プロに習ったフォームで300ヤード飛ばして70台を出しています。 飛距離は力ではなくスウィングによることを、皆さんにお知らせしたくてゴルフ上達ブログを始めました。 永遠に100が切れない方から80の壁を超えられない方々まで、もう少しドライバーの飛距離が出て、アイアンショットが正確になり、パットしたボールが気持ちよく転がればいいと願う方々への一助になれば幸です。特にめがねゴルファーには必見です!

<< | 2019/08 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 | >>

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

アイアンショットはクラブヘッドをどこに入れてどこに抜いてやるかにある

アイアンショットは方向性と距離をいかに正確に実現するかにあり、そのためにはミスの少ない再現性の高い打ち方に勤めることです。

方向性を実現するために、ショットをする前に常に目標に向かってボールの後ろに立って、ボールの前方50から70センチくらいの場所に何らかの目印を見つけて、それに向かってスクエアにスタンスして、ショットでは▲▲を●●と一体化させてヘッドを●●てやることです



●●を▲▲と一体化して振ることで、スイング中のヘッドの最下点は左肩の下となってボールを上から捕らえ易くなるうえにボールとの距離感が一定でミスショットは減り、再現性の高いショットが可能となります。


その際に注意すべきなのは、ダフることを恐れないことです。きちんと方向性が取れていれば、ボールの手前3センチくらいのところを咬んでしまっても、150ヤードのショットが3~5ヤードくらいしかショートしません。逆に1センチ以内のトップ(当たりが薄い)でも3~5ヤードのショートで、ミスショットの許容範囲はヘッドを入れる場所としてはかなり緩いと言えます。



この打ち方がルーティーンとしてコンスタントにできていれば、私のように真面目に練習しなくて2~3ヶ月に1回のコースでも、それなりにスコアはまとまります。

もちろんこれは、そのような打ち方をするからであって、■■■打ちでは決して救済されません。

蛇足ですが、●●●すのは、アプローチにも向いています。私はかなり直線的にチップインを狙って▲します。

 ==== シャドー部分と隠れキーワードをご覧になりたい方は ====
このブログを始めて短期間に爆発的なアクセスを頂きましたので、全体をソフトファイルで配布することにしました。
44テーマを70ページに取りまとめて、¥1,480です。
ご購入はこちら
 ================================



PR
この記事にコメントする







  Vodafone絵文字入力用パレット表示ボタン i-mode絵文字入力用パレット表示ボタン Ezweb絵文字入力用パレット表示ボタン

練習場でルーティンを作り上げる
練習場ではクラブを握ったら、連続して2打以上そのままのスタンスでボールを打たないこと。コース上と同じように、必ず1打ごとにルーティンをゼロから繰り返すべきです。 例えばコース上で150ヤード先のピンをフェアウェイから狙うときに、私はどんなルーティンをやるかといいますと、>>>>>>>>。 これと同じルーティンを練習場でも1打毎に行うようにしています。 具体的にアイアンの練習では、練習場に例えば150ヤード先のピンなど目標物が設定されている場合にはそれに向かってどんな球筋で...
この記事へのトラックバック




カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[03/10 熟女]
[03/01 逆援]
[02/28 レンタル彼氏]
[02/28 セフレ]
[02/28 セフレ]
プロフィール
HN:
ウルトラのパパ
性別:
非公開
カウンター

AdminControlMenu: AdminMenu | NewEntry | EditComment | EditTrackback

忍者ブログ [PR]