忍者ブログ

ゴルフ上達法:スイングで飛躍的に飛ばせ!

身長166センチで非力な中年アマの私は、最近は2~3ヶ月に1度のラウンドで、練習も殆どせず、筋トレも全くやらずに、若い頃にアジアサーキットで戦う現地プロに習ったフォームで300ヤード飛ばして70台を出しています。 飛距離は力ではなくスウィングによることを、皆さんにお知らせしたくてゴルフ上達ブログを始めました。 永遠に100が切れない方から80の壁を超えられない方々まで、もう少しドライバーの飛距離が出て、アイアンショットが正確になり、パットしたボールが気持ちよく転がればいいと願う方々への一助になれば幸です。特にめがねゴルファーには必見です!

<< | 2018/05 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 | >>

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ゴルフスイングと道具をチューニングするPDCAサイクル

スイングを改造しながらゴルフのギアをチューニングする場合、どのようなPDCA(Plan-Do-Check-Action)サイクルが望ましいかといいますと、



   ①メガネ利用者は先ずメガネの修正



   ②クラブのグリップの挿し方チェック、修正



   ③クラブのバランス、ライ角、ロフトの順番にチェックと修正



   ④シャフトの硬さとねじれ(トルク)とスウィングとの相性をチェック、修正



   ⑤スウィングの修正



   ⑥クラブのバランスとグリップとライ角の再調整(微調整)



   ⑦シャフトの再修正(上達に応じて)



   引き続いて、⑤と⑥を繰り返しながら必要に応じて⑦。



とするのが私の結論です。





このブログを始めて短期間に爆発的なアクセスを頂きましたので、全体をソフトファイルで配布することにしました。
50テーマを75ページに取りまとめて、¥1,480です。
ご購入はこちら
 ================================



PR
この記事にコメントする







  Vodafone絵文字入力用パレット表示ボタン i-mode絵文字入力用パレット表示ボタン Ezweb絵文字入力用パレット表示ボタン

ゴルフスイングでトップの切り返しは「左腰を切る」から
何度も書きましたが、飛躍的に飛んで曲がらないタマを打つにはトップの切り返しは、「左腰を切る」ことから始動します。

Tracked on 2007/08/27 Monday 06:11:13

from ゴルフスウィング「私の分かった!」飛躍的に飛ばそう

ゴルフのネガネによる錯覚その2
めがねの掛け具合によってはゴルフボールの位置が実物とズレて見えてショットがボロボロになりやすいと以前書きましたが、パッティングでも眼鏡による錯覚は深刻で、芝目もアンジュレーションも全く無いフラットなグリーンで真っ直ぐのパッティングラインを右打ちの人がメガネをかけてパットをすると、共通して目標よりもやや右側に転がるということをご存知でしょうか? 本人は「どうして今日はプッシュアウトばかりだろう?」と悩んでいるのに周囲から見ると明らかに最初から右を向いて狙っているということがあります。これはメ...

Tracked on 2007/08/26 Sunday 15:49:52

from ゴルフスウィング「私の分かった!」飛躍的に飛ばそう

この記事へのトラックバック




カレンダー
04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[03/10 熟女]
[03/01 逆援]
[02/28 レンタル彼氏]
[02/28 セフレ]
[02/28 セフレ]
プロフィール
HN:
ウルトラのパパ
性別:
非公開
カウンター

AdminControlMenu: AdminMenu | NewEntry | EditComment | EditTrackback

忍者ブログ [PR]