忍者ブログ

ゴルフ上達法:スイングで飛躍的に飛ばせ!

身長166センチで非力な中年アマの私は、最近は2~3ヶ月に1度のラウンドで、練習も殆どせず、筋トレも全くやらずに、若い頃にアジアサーキットで戦う現地プロに習ったフォームで300ヤード飛ばして70台を出しています。 飛距離は力ではなくスウィングによることを、皆さんにお知らせしたくてゴルフ上達ブログを始めました。 永遠に100が切れない方から80の壁を超えられない方々まで、もう少しドライバーの飛距離が出て、アイアンショットが正確になり、パットしたボールが気持ちよく転がればいいと願う方々への一助になれば幸です。特にめがねゴルファーには必見です!

<< | 2017/11 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 | >>

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

トップの切り返しは「左腰を切る」から

何度も書きましたが、飛躍的に飛んで曲がらないタマを打つにはトップの切り返しは、「左腰を切る」ことから始動します。

       

そのときに大事なのは、左ヒジを伸ばしたまま左手を真下に(右足に向けて)下げることです。

左手の始動と左腰の始動が同時ですと、フックかチーピンが出ます。腰を切ってから遅れて自ずから左手が降りて来れば、切れのいいストレートボールが出るはずです。


 ==========================
このブログを始めて短期間に爆発的なアクセスを頂きましたので、全体をソフトファイルで配布することにしました。
52テーマを78ページに取りまとめて、¥1,480です。
ご購入はこちら
 ================================



PR
この記事にコメントする







  Vodafone絵文字入力用パレット表示ボタン i-mode絵文字入力用パレット表示ボタン Ezweb絵文字入力用パレット表示ボタン

メガネ修正の更なる裏技
めがねゴルファー用にメガネの修正方法を書きましたが、実はこれには人によっては更なる落とし穴があります。と言うのは、ゴルフスウィングではどうしてもバックスウィングで右打ちの人は多少はXXXXXXXXからです。その分だけ、トップから切り返す際に、ボールの見える場所が実際の場所よりもYYYYYYに見えて、その分だけダフッてしまいます。もちろんトップオブスウィングでしっかりZZZZZZZいる人には、この心配は有りません。

Tracked on 2007/11/04 Sunday 16:42:53

from ゴルフスウィング「私の分かった!」飛躍的に飛ばそう

左腕主導で腰を切ることのメリット
左腕主導であることと腰を切ることのメリットを、>>>割愛>>>>に比較してみました。

Tracked on 2007/11/03 Saturday 22:12:49

from ゴルフスウィング「私の分かった!」飛躍的に飛ばそう

飛躍的に飛距離が伸びるとダフッて当たらなくなる!
私がこれまで書いたようなスウィングが実際にできますとヘッドスピードが3~5m/秒くらい早まり、急激に飛距離が伸びる代わりに、アイアンがダフってボールにちゃんと当たらないことが起こります。若しくは、フェースの先のほうに当たってしまうこともあります。これは、体が覚えているボールとの感覚が同じなのに、ヘッドスピードが急激に上がってしまって、ヘッドの重さにシャフトが耐えられなくなって、しなって曲がることによります。

Tracked on 2007/11/02 Friday 22:31:09

from ゴルフスウィング「私の分かった!」飛躍的に飛ばそう

「腰を切る」と「からだが開く」の違い
よく「インパクトはセットアップの再現」と言いますが、これは間違いで、本当にそのようにやるとひどいチーピンになります。正しくは、「セットアップに比べて、腰が切れている状態」です。「腰を切る」を簡単に言いますと、ボールを打つ時に●●はAAAていますが、▲▲はBBBています。つまり●●が回ってからCCCモーションということです。この場合、●●がDDDほどヘッドはインサイドアウト軌道になります。従って、バックスイングではヘッドを・・・・に、フェース面が・・・・・クラブを上げるようにします。プロのス...

Tracked on 2007/11/01 Thursday 06:26:24

from ゴルフスウィング「私の分かった!」飛躍的に飛ばそう

ヘッドに鉛を貼る
めがねの微調整を実行して(もしくはめがねゴルファでない人でも)アイアンもウッドも殆どフェースの真ん中でボールを捕らえるようになったにもかかわらず、アイアンは比較的ちゃんとボールが飛ぶのにウッド(ドライバー、フェアウェイウッドからユーティリティまで)が毎回違ったミスショットになってフック、スライス、トップ、チョロ、チーピン、プッシュアウトと、要するにテンプラとダフリ以外のあらゆるミスショットのどれかが毎回ランダムに起こるという事態に陥った場合は、クラブヘッドに鉛を貼ってみることをお勧めします...

Tracked on 2007/10/31 Wednesday 06:23:21

from ゴルフスウィング「私の分かった!」飛躍的に飛ばそう

この記事へのトラックバック




カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[03/10 熟女]
[03/01 逆援]
[02/28 レンタル彼氏]
[02/28 セフレ]
[02/28 セフレ]
プロフィール
HN:
ウルトラのパパ
性別:
非公開
カウンター

AdminControlMenu: AdminMenu | NewEntry | EditComment | EditTrackback

忍者ブログ [PR]